MENU
カテゴリー

Googleアナリティクス(GA4)で自分のアクセスを簡単に除外する方法

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

ブログ運営をするにあたり、Googleアナリティクス(GA4)のアクセス分析は欠かせません。

しかし、初期状態では自分からのアクセスもカウントされてしまうため、正確なアクセス解析になりません。

そこで本記事では、自分のアクセスをカウントしないように、自分のIPアドレスを簡単に除外する方法を解説します。

目次

アナリティクスで特定のIPアドレスを除外する

アナリティクスでは、特定のIPアドレスをカウントしないように設定することができます。

この方法なら簡単で確実に除外できます。

それでは早速、自分のIPアドレスを除外する手順を紹介しますね。

STEP1:IPアドレスを調べる

まずは自分のIPアドレスを調べましょう。

例えばCMANなどで簡単にわかります。クリックすると一発でIPアドレスが表示されます。

以下のように表示されるのでIPアドレスを控えておきましょう。

注意事項

IPアドレスは接続するネットワークによって変わります。

例えば、自宅のWiFiで接続していればパソコンもスマホも同じIPアドレスになるはずです。

スマホなどを使い外出先で繋ぐ場合はIPアドレスが変わってしまうので、よく使う場所のIPアドレスを除外しておくようにしましょう。

STEP2:アナリティクスでフィルタ設定

Googleアナリティクスの画面から設定していきましょう。

・左下の「管理」をクリック

・右列のビューから「フィルタ」をクリック

「+フィルタを追加」をクリック

・それぞれの項目を以下のように設定

項目入力内容
フィルタ名お好きな名前でOKです(例:IPアドレス除外)
フィルタの種類を選択除外
参照元かリンク先を選択します IPアドレスからのトラフィック
式を選択します等しい
IPアドレス調べたIPアドレスを入力

・設定ができたら「保存」をクリック

保存しないと設定は反映できないので注意。

これで設定は完了です。

STEP3:リアルタイムで確認

今設定した内容がちゃんと反映されているか確認しましょう。

まずは自分のサイトにログインしていない状態でアナリティクスを確認。

・「リアルタイム」→「概要」をクリック

現在の数値を確認しておきましょう。今は0だと仮定して進めます。

自分のサイトにログインしてから再度リアルタイムを確認。

アクティブユーザーが変わらず「0」であれば除外できています。

「1」であれば、自分がカウントされている可能性があります。

何度か試してみて、同じ結果であれば除外できていません。

その場合は「IP6v」の除外設定が必要になるため、次項で説明します。

除外できない場合のIP6v設定方法

IP6vというのは、新しいIPの仕組みです。

簡単に言うと、従来のIP4vと比べて通信速度が速くなり、セキュリティが強化され、IPアドレスの数がほぼ無限大に増えた。またIPv6とIPv4は互換性がない。

という感じで、レベルアップした通信の仕組みです。

先程除外設定したIPアドレスは「000.000.000.000」といった、従来のIP4vのものだと思います。

それで除外できていないのであれば、IP6vで通信していると思われますので、IP6vのIPアドレスを除外設定する必要があります

設定方法は先程とほとんど変わりません。

IP6vのIPアドレスを調べる

IP6vのIPアドレスは「0000:0000:0000:0000:0000:0000:0000:0000」という4桁の8ブロックで表示されます。

こちらのサイトでIP6vのIPアドレスが確認できます。

以下のように表示されるのでIPアドレスを控えておきましょう。

フィルタ設定方法

設定方法は先程とほぼ同じです。

項目入力内容
フィルタ名お好きな名前でOKです(例:IP6vアドレス除外)
フィルタの種類を選択除外
参照元かリンク先を選択します IPアドレスからのトラフィック
式を選択します前方が一致
IPアドレス調べたIPアドレスの4ブロックを入力

変更点は以下です。

・式を選択します→「前方が一致」を選択

・IPアドレス→「0000:0000:0000:0000」前方4ブロックのみ入力

IP6vのIPアドレスは、新たにアクセスすると後半の4ブロックが変わるようです。

なので、前方4ブロックのみ入力します。

最後に「保存」をクリックし、先程と同じようにリアルタイムで確認してみましょう。

数値が「0」であれば、除外設定完了です。

お疲れ様でした!

まとめ

Googleアナリティクスでアクセス分析する際は、正確な測定ができるように自分のアクセスを除外する必要があります。

設定はGoogleアナリティクスのフィルタ設定で、特定のIPアドレスを除外するのが簡単で確実です

従来のIP4vで除外できなかった場合は、IP6vで接続している可能性が高いので、IP6vのIPアドレスを調べて同じようにフィルタ設定しましょう。

大事なことは、分析した結果をブログ運営に活かすことなので、そのためにも正確な分析結果を得られるように設定しておきましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次