MENU
カテゴリー

ブログ記事に重要なリード文の書き方とポイント3つ【アート活動】

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • リード文の重要性について知りたい
  • リード文の構成や書き方を知りたい
  • リード文を書く際の注意点を知りたい

上記のようなお悩みについてお答えします。

アートブログ運営の記事作成においてリード文の役割は重要です。

しかし、ブログを始めた当初はリード文の重要性や書き方ってよくわからないですよね。

わたしも初めはなんとなく書いていましたが、リード文を意識することで記事をしっかり読んでもらえるようになりました。

そこで今回は、絵を描きながらWEBライターとして活動していたわたしが「リード文の基本と書き方」について解説します。

この記事を読むことで、初心者でも読者が離脱しにくい効果的なリード文を書けるようになります。

アートブログを運営する手助けになればと思いますので、ご活用ください。

目次

リード文とは記事の冒頭部分

リード文とは記事の導入部のことで、書籍でいえば「はじめに」にあたる冒頭部分です。

「リード文より本文の方が重要じゃないの?」

そう思う人も多く、リード文をなんとなく書いている記事をよく見かけます。

しかし、WEB記事は小説などの書籍と異なり、リード文で「違う」と思えば読者はすぐに離脱してしまいます。

せっかく時間をかけて書いた本文も、リード文がいい加減であれば読んでもらえません。

記事を最後まで読み進めてもらうには、リード文の基本や構成について理解することが重要です。

リード文の重要性

ブログ記事において、リード文が重要になる理由は大きく分けて2つあります。

読者に伝えたいことを届けるためにも、しっかり理解しておきましょう。

リード文は本文を読み進めるかの判断基準になる

一般的に、サイトに訪れてくれた読者はまずリード文を読みます

最初の数行を読んで自分に必要な記事かどうかを判断し、違うと思えばそこで離脱してしまいます。

では、読者はリード文になにを求めて読む読まないを判断しているのでしょうか。

読者の判断基準
  • 知りたい情報が書いてありそうか
  • 悩みや疑問を解消してくれそうか
  • 読み進めることで得がありそうか

つまり、リード文を読んで「自分にとってプラスになる」と思えば読み進めてくれます。

逆に、いくら有益な情報であっても読んでもらえなければ誰にも伝わりません。

リード文の役割は、記事全体の概要を伝えて「自分に必要な情報が書いてある」と思ってもらうことです。

読み進めることで読者の滞在時間が長くなる

リード文から本文へ読み進めてもらえると、必然的にサイトの滞在時間が長くなります。

読者の滞在時間が長くなると

滞在時間で得られること
  • 記事で伝えたいことがより届けられる
  • ブログ運営の目指す成果につながる
  • SEO的にサイトの評価が高まる

このような利点が考えられます。

最後まで読んでもらえると成果につながる確率も高まるでしょう。

また、SEO的にも読者のためになっている記事と判断されやすくなります。

リード文の重要性を理解することで、読者のためになる有益な記事になるでしょう。

リード文の書き方|最後まで読み進めてもらうポイント3つ

充実したリード文を書くためには構成が必要です。

読者に最後まで読み進めてもらうためには、押さえておきたいポイントが3つあります。

  1. 届けたい読者を明確にして共感を得る
  2. 本文に書かれている概要を伝える
  3. 読むことで得られるメリットを提示する

それぞれについて詳しく解説していきます。

1. 届けたい読者を明確にして共感を得る

まず、想定した読者の悩みを考えます。

なぜなら、読者は悩みの解答を求めて記事を検索するからです。

そのため、リード文にはどのような悩みについて書いてある記事なのかを明確に提示しましょう。

この記事であれば、冒頭に想定読者の悩みを箇条書きしています。

想定読者の悩み
  • リード文の重要性について知りたい
  • リード文の構成や書き方を知りたい
  • リード文を書く際の注意点を知りたい

このように「こんなことで悩んでいませんか」と、想定した読者の悩みや問題を提示します。

悩みを共有することで「自分のことだ」と、読者の共感を得られます

逆に誰に向けた記事なのかわからないと、「自分には不要な情報」と判断されて離脱されてしまうでしょう。

2. 本文に書かれている概要を伝える

リード文に限らず、WEB記事は最後まで読まれないことが前提です。

早い段階で「必要な情報が書いてありそう」と思ってもらえうように、本文の概要を伝えます。

参考文
  • 初心者でも失敗しない5つのポイントを紹介します
  • アクリル絵の具でグラデショーンを簡単につくる方法を紹介します

長々と説明せず、簡潔にまとめるのがポイントです。

読み進めることで、悩みを解決できるポジティブなイメージを持ってもらえるように書きましょう。

3. 読むことで得られるメリットを提示する

読者に読み進めてもらうためには、記事を読むことで得られるメリットを伝えましょう

リード文を書くうえで、もっとも重要なポイントともいえます。

参考文
  • 初心者でも読者が離脱しない効果的なリード文を書けるようになります。
  • 美術用語が理解できるとアートをより一層楽しめます。

記事を読む価値を示し、読了前と後で変化した未来を思い描けるように書きましょう

リード文の重要なポイントは、記事を届けたいターゲットを定めてメリットを明確に提示することです。

リ-ド文に具体的な根拠を示すことで信頼度が増す

リード文では記事を読むことで悩みを解決できる(=メリットが得られる)ことを伝えます。

しかし、読者は「本当に解決できるの?」と疑問を持ったまま読み進めたいとは思いません。

そこで、悩みや課題を解決できる理由や根拠を提示しましょう。

根拠といっても難しく考えず、「こんな人が書いた記事なら信頼できそう」と思えることを書きましょう。

参考文
  • 独学で絵に自信が持てなかったわたしが、1日5分続けるだけで公募展で入選できるまでに上達しました。
  • わたしも半年前まで同じ悩みを抱えていましたが、今回紹介する方法を実践することで解消できました
  • アート活動だけで生計を立てているわたしが…

このように「過去の実績」や「得られた結果」を示すと効果的です。

理由や根拠を示す一文があると信頼性が増し、読者に「読んでみようかな」と思ってもらいやすくなります。

リード文を書く際の注意点

リード文を書く際に注意しておく点が2つあります。

注意点
  1. 文章量が多くならないよう簡潔にまとめる
  2. タイトルや本文の内容と齟齬がないように書く

リード文は本文の内容をわかりやすく魅力的に説明する部分です。

文章量が多いと、それだけで読者は読む気を失ってしまう場合もあります。

文字数としては、300から500文字以内でまとめるとよいでしょう。

また、リード文の内容がタイトルや本文とズレていたら読者はすぐに離脱します。

なぜなら期待していた内容と異なるからです。

リード文は本文を書いた後に作成すると、一貫性のある記事になります。

リード文は読者の共感と記事を読むメリットを簡潔に伝える

今回は、ブログ記事に重要なリード文の基本と書き方について解説しました。

リード文は本文よりも軽視しがちですが、ブログ記事において非常に重要な部分です。

本文を読んでもらい成果につなげるために、リード文を書く際のポイントを押さえておきましょう。

  • 届けたい読者を明確にして共感を得る
  • 本文に書かれている概要を伝える
  • 読むことで得られるメリットを提示する

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次