MENU
カテゴリー

ブログ記事を継続して書く方法|テーマ探しのヒント【アート活動】

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • アートブログの記事を書き続ける方法が知りたい
  • アート関連の記事テーマが見つからない
  • 作品制作に関連しないことも書いていいのか知りたい

上記のようなお悩みについてお答えします。

アート活動においてブログ運営は、作家や作品の認知度を高めるのに有効なツールです。

ブログで集客するためには、良質な記事を書いて多くの人にアクセスしてもらう必要があります。

しかし、記事数が増えてくると書くテーマに困り、書き続けるのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アートブログを運営しているわたしが「ブログ記事を継続して書く方法」について解説します。

この記事を読むことでブログ記事のテーマ探しに悩まず、書き続けていけるようになるでしょう。

目次

アート活動としてのブログ記事とは

画家などのアーティストとして活動するにあたり、ブログは幅広く活用できる媒体です。

文字数の制限がなく、画像も好きに載せられ、作品の発表や個展の告知、SNSとの連動も簡単にできます。

しかし、作家や作品を知ってもらうためには、ブログに多くのアクセスを集める必要があります。

アクセスを集めるためには記事数が必要になるため、継続して記事を書くことが重要です。

画家のブログとしては、絵描きや絵に興味・関心のある人が集まるサイトにしたいですよね。

そのためには絵にまつわる記事を書き、検索結果で上位表示されることを目指します。

アートブログの記事を継続して書く方法

アートブログにアクセスを集めるためには、読者にとって有益な記事を書く必要があります。

アート関連の記事を書いていくと途中で書く題材がなくなり、テーマ探しに苦労しますよね。

こちらでは、テーマに困ってからでも継続して記事を書くための方法を紹介します。

これまで絵を描いてきた経験を活かす

多くの人に見てもらうためには、他の記事にはないオリジナリティも大切です。

そこで活用できるのが、これまでの経験です。

「人に語れるような特別な経験はしていない」

と思っている人も多いのですが、「特別な経験」である必要はまったくありません

たとえば、自分が絵を描き始めたとき、画材や技法などで困ったことや悩んだことがあったはずです。

それは、これから絵を描き始めようとしている人にとって、まだ解決方法を知らない悩みになります。

つまり、今の自分では当たり前に思えることでも、誰かにとっては有益な情報になるということです。

検索キーワードのボリュームから決める

アート活動としてのブログ記事は、個人的な日記とは異なります。

多くの人に見てもらうには、Googleで検索したときに上位表示されることが重要です。

そのためには、よく検索されている「キーワード」からテーマを決めます。

たとえば、Googleで「アクリル絵の具」と検索してみると、スペースのあとに「塗り方」や「落とし方」などが表示されます。

多くの人に検索されているキーワードを調べることでテーマが見つかり、需要のある記事を書くことが可能です。

無料で使える「キーワードプランナー」などのツールを使うことで、実際にどれくらい検索されているかのボリュームを確認することが可能です。

キーワード選定については以下の記事で解説しています。

本や映画などから得た情報を利用する

ブログのテーマやネタ探しに困ったときは、本や映画の情報を利用するのも手です。

ただし、権利の問題があるため、そのまま転載するのはやめましょう。

得た情報はあくまで参考として、自分の言葉に置き換えて記事に活かします

記事の最後に、参考にした本や映画を紹介するのもいいでしょう。

絵にまつわる情報だけにこだわる必要はない

画家としてブログ運営する場合、絵にまつわる情報で題材を探しますよね。

画材や技法など、絵に関連することだけで考えるとテーマ探しに苦労します。

しかし、一見絵とは関係のない事柄でも記事を書くことは可能です。

たとえば、画家を主題にした映画の紹介や、制作時のリフレッシュに最適な旅行先などでも書けますよね。

仕事や趣味についてなど、自分が持っている情報を書き出してみると意外と見つかると思います。

生活の知恵や学生時代の経験など、絵に関連付けて書くことで役立つ記事にできるでしょう。

参考までに、わたしが書いた画家をモチーフにした映画紹介の記事を貼っておきますね。

ブログ記事を書く際の注意点

アート活動としてブログ運営する場合、気をつけておく点があります。

ブログ記事は、Googleからの評価を受けて表示される順位が変動します。

評価の具体的な基準は公表されていませんが、「読者にとって有益な記事」が求められているのは確かです。

そのため、読者の悩みや課題を解決する記事を書くのがポイントになります。

逆に読者のためにならない質の悪い記事を量産してしまうとサイト全体の評価が下がり、上位表示されていた記事の順位も落ちてしまいます。

だからといって検索結果の上位記事の内容をコピペするのはやめましょう。

サイト上に同じ内容の記事があっても読者のためにならないため、Googleからペナルティを受けてしまいます。

コピーしていなくてもコピー率が高ければ、重複記事と認識されてしまう場合もあります。

そのため、書いた記事は「コピペチェックツール」などを使って、コピペ率を確認してから公開するようにするのがおすすめです。

低評価を受けてしまうと評価を取り戻すまでに時間がかかり、アート活動に影響が出てしまうため注意しましょう。

まとめ|ブログ記事は身近なことや経験もテーマになる

今回は、ブログ記事を継続して書く方法について紹介しました。

自分では当たり前だと思っていることでも、誰かにとっては有益な情報になります。

一見関係ないと思えても、関連性を見出すことで趣旨を外さずに記事を書けます。

本記事で紹介したポイントを以下にまとめたので、改めて確認しておきましょう。

  • これまで絵を描いてきた経験を活かす
  • 検索キーワードのボリュームから決める
  • 本や映画などから得た情報を利用する
  • 絵にまつわる情報だけにこだわる必要はない

アート活動に「ブログを始めてみたいな」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次