MENU
カテゴリー

確定申告の疑問は国税庁に電話が一番早い|悩んでいる時間が無駄です

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 初めての確定申告でわからないことをすぐに相談したい
  • 最寄りの税務署で相談したいけど予約が取れない
  • 電話で確定申告の相談できるところを知りたい

上記のようなお悩みについてお答えします。

確定申告についての疑問は知識がないと解決できないことが多いため、国税庁の確定申告電話相談センターに相談するのが一番早いです。

私も初めて確定申告するときに、帳簿の仕訳や開業費など、とにかくわからないことばかりで何度も電話して確認しました。

最寄りの税務署や税理士会などで無料相談することも可能ですが、地域によっては事前予約が必要だったり、相談日が限られているため日程が合わなかったりと、すぐに聞けない場合も多いです。

確定申告などの疑問はひとりで悩まず、まず電話で相談することをおすすめします。

目次

国税庁の公式サイトで税についての相談ができる

チャットボットやタックスアンサーで国税に関する質問ができる

国税庁の公式サイトでは、「税についての相談窓口」を設けています。

個人による国税の疑問は、土・日曜や夜間でも質問できる「チャットボット」や、よくある税の疑問をまとめた「タックスアンサー」で調べることができます。

また、「確定申告特集」にて確定申告書の作成・e-Taxによる送信ができる「確定申告書等作成コーナー」の利用方法を確認できます。

電話で相談したい場合は確定申告電話相談センターを利用できる

確定申告に関する相談は、確定申告電話相談センターを利用することが可能です。

所轄の税務署へ電話をかけ、音声案内に従って確定申告電話相談センターへ接続します。

なお、電話相談の受け答えはオペレーター・税理士・職員が対応しており、質問内容を伝えると担当者へつないでくれます。

確定申告電話相談センターに電話する手順

確定申告電話相談センターの利用方法は国税局の公式サイトに載っていますが、こちらでも紹介しておきます。

まず所轄の税務署へ電話をかけます。所轄の税務署の電話番号は、「税についての相談窓口」から確認できます。

音声案内に従い、確定申告に関するご相談やお問合せ「0」を選択します。

確定申告時期になると、音声案内の内容が変わる場合があるので注意が必要です。

確定申告を簡単に済ませたいなら会計ソフトを導入しよう

フリーランスや副業で確定申告が必要な場合は、毎年2月16日~3月15日の間に行う必要があります。

白色申告は青色申告に比べて簡易的な帳簿付けが許されていますが、簿記の知識がないとどちらにしても時間を取られます。

会計ソフトを導入することで、確定申告にかかる時間を大幅に削減することが可能です

現在の会計ソフトは、自動で銀行口座やクレジットカードなどを連携でき、自動的に計算してくれるので書類作成も手間がかかりません。

こちらでは、おすすめの会計ソフトを3つ紹介します。

白色申告なら永年無料で利用できるシェアNo.1の「弥生会計」

弥生会計は、クラウド会計ソフト利用シェアNo.1です。

シンプルな機能とわかりやすい画面設計で、確定申告が初めての方でも簡単に使い始められます。

WindowsとMacのどちらも利用でき、日付や金額を入力するだけで確定申告に必要な書類作成を自動でしてくれます。

しかも「やよいの白色申告オンライン」は永年無料で利用できるので、白色申告するなら弥生がおすすめです。

金融関連サービスの連携に強い「マネーフォーワードクラウド」

マネーフォワード クラウドは、各種銀行・クレジットカード・PayPayなど、自動連携に優れています。連携可能な金融関連サービス数は、国内No.1の3,600以上です。

取引明細データを自動で取得し、対応した勘定科目を自動で提案。さらに、人工知能(AI)が一度確定した内容を自動で学習し、使うほどラクになっていきます。

クラウドワークス・ランサーズ・A8.net・もしもアフィリエイトなども連携できるので、WEBライターやブロガーにおすすめの会計ソフトです。

操作方法に迷った際は、チャットやメールでサポートを受けられるので安心です。また、他社確定申告ソフトからマネーフォワード クラウドへの乗り換えも簡単に行えます。

オンラインでの取引やクレジットカード決算が多い方におすすめの会計ソフトです。

スマホから手軽に確定申告できる「freee会計」

freee会計の強みは、アプリを使って領収書の管理から確定申告までスマホだけで完結できることです。

また、銀行口座やクレジットカードから明細を自動で取得できたり、レシートを撮影するだけで自動入力してくれたりするので手間が掛かりません。

レシート読み取りの画面イメージ

確定申告書類はステップに沿って〇×形式の質問に答えるだけなので、初心者でも簡単に作成できます。

freee会計は仕事が忙しく、確定申告に掛かる時間を短縮したい方におすすめです。

まとめ

確定申告でお悩みの方は、国税庁の確定申告電話相談センターへ電話するのが一番早いです。

税金や簿記の知識がないと解決することは難しいため、ひとりで悩まず電話して聞いてしまいましょう。

所轄の税務署の電話番号などは、国税庁の公式サイト「税についての相談窓口」から確認できます。

また、自分で確定申告を行う場合は、会計ソフトを導入して対応するのがおすすめです。白色申告であれば「やよいの白色申告オンライン」が永年無料で使えます。

自分に合った会計ソフトを使って、手間を掛けずに確定申告を終わらせましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次