MENU
カテゴリー

描いた絵のタイトルのつけ方とは?迷ったときのポイントも紹介

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 描いた絵にタイトルをつけるのをいつも迷う
  • 絵にタイトルをつける必要ってあるの?
  • どうやってタイトルをつけたらいいのかわからない

上記のようなお悩みについてお答えします。

描いた絵のタイトルがなかなか思いつかず、時間だけが過ぎていく、なんて経験はないでしょうか。

わたしもよく迷うのですが、「無題」にはせず、必ずタイトルをつけるようにしています。

とくに展覧会に出品する際はキャプションが必要になるため、タイトルなどの情報を求められます。

そこで今回は、絵にタイトルをつける理由や効果、迷ったときのつけ方について解説します。

目次

絵にタイトルをつける必要性とは

タイトルには作品の意味などを伝える役割がある

絵のタイトルが持つ主な役割は、作品の意味や画家の想いを鑑賞する人へ伝えられることです

画家としては自分の作品を多くの人に見てもらいたいという想いがあります。

そのため、タイトルをつけず「無題」とするよりもタイトルがあったほうが印象に残りやすくなるでしょう。

絵に意味がないのなら、「意味がない」ということをタイトルに込められます。

また、明確な意思や意味があって「無題」にするのなら、それはそれで作家性を表現できるでしょう。

タイトルは絵の入り口となり、世界観やコミュニケーションを広げてくれるものです。

「面倒だから」「思いつかないから」という理由でタイトルをつけないのは、画家としての信頼性に欠けるかもしれません。

タイトルの付け方や文字数に制約はない

絵のタイトルに文字数などの制約はありません。

一文字でも長文でもよく、画家が自由につけられます。

ちなみに世界一長いタイトルは、サルバドール・ダリの作品といわれています。

出典:Amazon.co.jp

『”ポップ、オップ、月並派、大いに結構”と題する作品の上に、反重力状態でいるダリを眺めるガラ、その画面には冬眠の隔世遺伝の状態にあるミレーの晩鐘の悩ましげな二人の人物が認められ、前方にひろがる空は、全宇宙の集中するペルピニャン駅のまさに中心で、突如としてマルトの巨大な十字架に変形するはずである』

図録などでは要約して「ペルピニャン駅」と紹介されています。

タイトルではなく説明書きといわれることもあるようですが、どちらにしても自由に決めていいんだと思えますよね。

なお、政治的な意味合いを持つタイトルの場合は、場所によって意味合いが変わることもあるため、注意しておきましょう。

絵にタイトルをつけることで得られる効果

絵にタイトルをつけることで、どのような効果が得られるのでしょうか。こちらでは、タイトルが与える効果について紹介します。

作品を鑑賞する人の印象に残る

気に入った絵であれば、タイトルにも自然と目がいきます。

印象的なタイトルであれば、より強く自分の作品を覚えてもらえます。

絵画に限ったことではなく、小説・映画・歌・詩などでも同じです。

好きな作品は、内容とタイトルを一緒に覚えているものでしょう。

絵のタイトルは作品に物語を持たせる

タイトルは作品を説明するだけでなく、深みを与える働きがあります。

絵の世界観やさらに絵の向こう側を感じさせてくれます。

速水御舟「炎舞」

速水御舟の「炎舞」は、炎に集まる蛾が描かれていますが、人間世界の象徴のようにも思えます。

ポール・ゴーギャン「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

ポール・ゴーギャンの「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」は、壮大な人間史や起源、宇宙まで想いを馳せられます。

絵のタイトルから画家自身を感じられる

絵のタイトルを見ると、画家をイメージしやすくなります。

「センスいいな」「繊細な人かな」「おもしろそうな人だな」

展覧会などで実際に画家に会ってみると、思ったとおりの人だったり、全然違っていたりしておもしろいですよね。

絵の魅力だけでなく、画家自身を感じられるため、想像力を膨らませながら鑑賞を楽しめます。

タイトルから共感を覚えてもらえる

タイトルを読んで自分の人生と共感することがあれば、より印象に残ります。

鑑賞者と画家の距離が縮まることで、絵も身近に感じてもらえるでしょう。

そのためには、絵を描いたときの気持ちや意味をタイトルに込めたほうが、しっかりと伝わります。

絵のタイトルに迷ったときのつけ方のポイント5つ

ポイント1:絵のモチーフからつける

絵のモチーフから連想する方法です。

タイトルをつける際によく使われています。

ただ、花の絵に「花」と、そのままつけるのは面白味がかける場合もあるため、もう少し深堀りしたいところです。

花→バラ→赤いバラ→花言葉など、つなげてみると人とは違ったタイトルがつけられるでしょう。

また、「犬」であれば、「吠えてる犬」「寝ている犬」「犬の寝相」など、一言付け加えてみるのもポイントです。

ポイント2:色のイメージから広げてみる

色にこだわって描いている作品であれば、色のイメージから広げてみるのもおすすめです。

青であれば、「海」「空」など連想していくことができます。

また、「蒼」や「ブルー」など漢字や英語などで考えてみるのも手です。

ポイント3:小説や歌詞のフレーズから連想する

小説をよく読む人であれば、好きな本のタイトルや印象に残っている文章などを引用するのもいいでしょう。

小説のタイトルは何百ページもある内容を端的に表現しているものなので、つけ方の参考になります。

ただし、一言一句そのまま使うのは権利上の問題もかかわるため、自分の言葉に変換して使うことが大切です。

同じように、歌の歌詞などから連想するのもよいでしょう。

ポイント4:辞典から絵にあった言葉を探す

絵のタイトルになんとなくのイメージがある場合は、辞典から引用するのもおすすめです。

国語辞典や英和辞典などを調べることで、言葉の意味合いをより深く知れます。

同じ言葉を使う場合でも意味を理解したうえで使うことで、うまく言葉にできなかったことが表現できるようにもなります。

ポイント5:短い言葉ではなく文章で考えてみる

タイトルの文字数に制限はないため、短い言葉ではなく、文章として考えてみるのも手です。

作品に対して自分がどう思っているのか、どういう意味を込めて描いていたのかを客観的に把握することにも役立ちます。

また、長く書いてみたことで、端的に表す言葉がみつかることもあります。

絵にタイトルをつけるタイミングは作品によって異なる

タイトルを決めてから描き始める

モチーフや世界観がしっかりある場合は、描き始める前にタイトルが浮かんでいることもあります。

また、タイトルを先に考えることで、絵の構図など世界観がしっかり作れるという人もいるでしょう。

言葉から入るか、絵から入るかは画家によっても異なるため、両方試してみてもいいかもしれません。

描いている途中で変わる場合もあるため、初めに大まかに決めておくのもよいでしょう。

また、シリーズ化している場合は、「睡蓮」「睡蓮Ⅱ」など、数字を増やしていけます。

描き上がった作品を見てタイトルを決める

描いているうちに始めに思っていた絵と、変化することもあります。

そのため、描き上がった作品をじっくり見て考えを巡らせるのも楽しい作業です。

ぴったりのタイトルがつけば、作品がぐっと締まります。

これまで紹介してきた方法などを使って、タイトルをつけていきましょう。

まとめ

今回は、描いた絵のタイトルのつけ方について紹介しました。

タイトルは鑑賞している人に、絵の意味や画家の想いを伝えられる重要な要素です。

迷ったときのつけ方についてまとめたので、もう一度確認しておきましょう。

  1. 絵のモチーフからつける
  2. 色のイメージから広げてみる
  3. 小説や歌詞のフレーズから連想する
  4. 辞典から絵にあった言葉を探す
  5. 短い言葉ではなく文章で考えてみる

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次