MENU
カテゴリー

絵描きとして成功するための考え方とは?知らないと遠回りする

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 絵を描いて販売しているがまったく売れない
  • 絵を描いて生活できるようになるの?
  • 絵がうまくなれば成功できる?

上記のようなお悩みについてお答えします。

絵描きとして成功するとは、「絵を描いて生活できる収入を得ること」になるでしょう。

そのためには、絵がうまくなればいいのでしょうか。

しかし、絵がうまいだけでは、生活していくことは難しいのが現実です。

絵描きとして成功する人・成功しない人の違いは、絵のうまさではなく考え方が大きく関係しています

この記事では、絵描きとして成功するための考え方について詳しく解説します。

絵を描いて生活していきたいと思っている方は、参考にしてみてください。

目次

絵描きとして成功するためにやるべきことは「賞」を獲ることではない

絵描きとして成功するためには、公募展などで大きな賞を受賞しなければならないと考える人は少なくありません。

つまり、「成功するためには、権威のある人や団体に認めてもらわなければいけない」という考え方です。

そのためには、「美大や専門学校に通う必要がある」「肩書きがないと仕事が取れない」などと考えがちです。

しかし、実際には、賞を獲っても絵が売れるわけではありません

受賞してすぐは売れるかもしれませんが、継続して収入を得られる保証はどこにもないのです。

もちろん、賞を獲ることも専門教育を受けることも、絵描きにとってはプラスになることです。

ただ、賞を獲ることと、絵描きとして継続的に収入を得ることは、イコールになりません。

絵で生活していくために必要なことは、「絵のスキル×集客力×販売・営業」です。

端的にいえば、他者に頼らず自分で仕組みを作る、ということになります。

ホームページや絵の販売サイトでただ掲載していても、安定的な収入を得るのは難しいでしょう。

こちらの記事で「無名の画家が絵を販売する方法」についてまとめているので、よかったら見てみてください。

絵描きがお金を稼ぐことに注力してしまうと成功は遠のく

絵描きにかぎらず、生活するためにはお金を稼ぐ必要があります。

しかし、絵描きがお金を稼ぐことを優先すると、成功から遠のいていきます。

なぜなら、お金を強く意識するとプレッシャーや不安も大きくなり、疲弊していくからです。

すると、「やっぱり無理だ」と諦めることにつながります。

また、以下のようにお金のために動くことになり、絵を描くことが二の次になってしまいます。

  • 作品の価格をもっと高くしよう
  • 絵を描くよりも付き合いを優先
  • リピーターを逃がさないために同じ絵を増やす

絵を描くのはなぜかといえば、好きだからですよね。

絵を描くことで自分自身を表現し、発信することで相手に届くわけです。

お金のために絵を描いていると、情熱も失っていきます。

描きたいと思って描いた作品で喜んでくれる人が増えれば、創作意欲も沸き、さらに良い作品を描こうという気持ちになるでしょう。

絵描きが成功するために重要なのは、「お金の稼ぎ方」ではなく「自分自身や作品を発信する」ことです

その活動を続けることが、結果的にお金につながることになります。

絵描きで成功するためには前向きな思考で取り組むことが重要

前向きに取り組むなんて当たり前のことだと思うかもしれません。

しかし、成功できない人の多くは、「自分には才能がない」と判断して諦めます。

結果が出ない理由を「才能」や「他人」のせいにしているということです。

どんな業界でも成功する人は、問題があれば「どうすればいいか」を考えて行動します。

前向きな思考を持つためには、向かうべきゴールを明確にすることが重要です

ゴールがなければやるべきことがわからないため、迷いやすくなります。

ゴールは人それぞれ異なるため、自分にとって「成功」とはどういうことか考えてみましょう。

明確になったらやることはひとつです。

「絵だけで生活するなんて無理」
「普通に働いたほうがいい」
「いい歳して夢みてるなんて恥ずかしい」

もしもそういった声が聞こえてきたとしても、すべて無視して突き進みます。

それが、前向きな思考で取り組むということです。

絵描きで成功するためには長年追求できるテーマを持つ

絵の仕事をしていくためには、飽きることなく追求できるテーマを持つことも大切です。

何年も何十年も探求し続けることができるものは、自分の世界になるものです。

絵に自分だけの世界があると、自分自身を世界に表現しやすくなります。

絵を見ただけで誰が描いたかわかれば、ファンや仕事の獲得にもつながります。

また、長く追求していれば、そのことについて自ずと詳しくなります。

同じテーマを扱った他の作者の作品よりも、深い表現ができるでしょう。

そのジャンルに詳しい、目の肥えた人の評価も得られていくはずです。

長年追求できることは、自分にとって楽しいものでしょう。

絵を描き続けるためには、楽しみながら描くことがもっとも大切です

まとめ

この記事では、絵描きとして成功するための考え方について紹介しました。

絵を描いて生活していきたい人は、考え方を学び、行動することが大切です。

内容をまとめたので、もう一度確認しておきましょう。

  • 賞を獲ることは重要ではない
  • お金を優先すると成功は遠のく
  • 前向きな思考で取り組む
  • 長年追求できるテーマを持つ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次