MENU
カテゴリー

独学で画家として収入を得る方法|絵を売るために必要なこと

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 独学で絵を描き始めて画家として収入を得られるのか不安
  • 独学で描いた絵を売っていいのか迷っている
  • 独学で画家として大成した人っているの?

上記のようなお悩みについて書いています。

絵描きとして活動したいけれど、専門的な美術教育を受けていないことを気にする人は少なくありません。

しかし、画家になるということと、美術的な学歴は関係ありません。

なぜなら、絵が上手いからといって売れるわけではなく、下手だから売れないということもないからです。

そこでこの記事では、独学で画家として収入を得るにはどうすればいいかについて紹介します。

目次

専門的な絵の教育を受けたからといって画家として独立できるわけではない

美大に通ったからといって絵で生きていけるとはかぎらない

美大は絵を描くスキルを学ぶところです。

自分の目指す絵を描くためにスキルは大切ですが、絵で収入を得るためには販売するためのプロモーションが大切です。

そもそも、プロの画家とはどういったものでしょうか。

描いた絵が飛ぶように売れていくのは、一握りの超売れっ子でないかぎり難しい状況です。さらに、その状況に至るまでには絵の良さはもちろん、運の要素も左右するでしょう。

画家は自由人といったイメージが強いかもしれませんが、絵を描いて売るということはビジネスです。

この基本を押さえることが、独学にかぎらず画家として生きていく重要なポイントになります。

絵の技術は学べるが絵で生きる術は学べない

まず、技術はないよりもあったほうが作品に活かせます。

技術があると絵にあわせて使うことも使わないことも選べて、見る人に対して説得力を持てます。

しかし、晩年のピカソが「ようやく子どものような絵が描けるようになった」といったように、身に付いた技術を意図的に捨てるのは簡単ではありません。

いわゆる職業病と考えるとわかりやすいかもしれません。

美大などの専門教育では絵を描く技術や知識を学べ、同じ志を持った人たちと知り合えるのが大きな利点です。

また、学校内のコンペや作品を発表することで、外部の関係者の目に留まりやすいこともあります。

一方で、絵を描いて収入を得る具体的な方法は学べません。あくまで描くための方法を学ぶ場として存在しています。

絵は商品であり、商品を売るためにはビジネス的な思考が必要になります。

たとえば、自分が買い物をするときに「A・B・C」の似た商品があれば、比較して選ぶと思います。

絵画も「A・B・C」と同じ商品のため、自分の商品を選んでもらう必要があります。

そのためには、絵を描く技術や知識とは別に、販売する術を学ばなければいけません。

独学で画家として収入を得るためには目標や専門性が重要

絵を描いて販売して収入を得る、という流れのなかで、自分が売りたい絵とはどういったものでしょうか。

自分が正しい方向性に向かっているのかどうかは、自分では把握しにくいものです。

そういった部分では、誰かに教えを乞うことが助けになる場合もあるでしょう。

好きに描いた絵をホームページに掲載しているだけでは、コンスタントに売れるのは難しいです。

多くの人に好まれそうなモチーフを選ぶのも悪いわけではないですが、よく見る面白味のない絵になってしまいます。

また、自分よりも上手い絵を描く人はいくらでもいて、インスタなどで世界中の人の素晴らしい絵が見れます。

そのなかで目を留めてもらうためには、自分の絵はこういうものです、というスタイルがあると便利です。

たとえば「犬」を描いたら日本一といわれる画家を目指す、という目標があれば、犬好きの人に届きやすくなり、犬の絵の専門画家として認知されやすくなります。

画家として活動していくうえで目標や専門性を考えることは、重要な要素といえるでしょう。

リアルに描くことが正しいわけではない

日本では花鳥風月や美人画などが売れやすく、「花」「動物」「風景」などは売れ筋の絵といわれています。

しかし、技術を駆使したリアルな絵だけが人気かといえばそんなことはありません。

たとえば、ZOZOTOWNの元社長である前澤氏が123億円で購入したバスキアの絵があります。

写実とは異なる迫力や色彩など、バスキアにしかない良さが見られます。

アートの表現の幅は広く、なにが良いと決まっていない自由さが魅力のひとつだと思います。

テクニックだけで描かれた絵や、売れやすいという理由で描かれた絵はおもしろ味がなく、絵としての価値は付きにくいでしょう。

リアル・非リアル、価値・無価値などは、見る人や市場によって変わります。それは、上手い・下手も同じです。

つまり、他者の評価軸ではなく、自分が表現したいものが表れているものがアートとして存在価値を生む基盤となるのです。

作品を販売することはビジネスだと認識することが重要

画家として自立するためにはビジネスを考えることが重要

画家だけでなく、自分で商品を作り販売するということはビジネスです。

つまり、画家として生計を立てるためには、ビジネスマンとしてさまざまな施策を行う必要があります。

絵の技術や新しい表現などを学ぶのは当たり前として、それと同列で販売にも力を入れなければいけません。

画家は個人事業主です。個人事業主としてやっていくためには、算段を立てる必要があります。

画家という商売を軌道に乗せるための努力が必要、という事実を受け入れることが大切です。

独学で描いた絵を売って収入を得るためには戦略が必要

日本は絵を飾る習慣が身近ではなく、海外に比べて販売が難しいといわれることもあります。

しかし、有名な画家の展覧会には何万人もの人が集まり、マンガは世界的に高い人気を集めています。そう考えると、日本人は絵に関心が高いともいえますよね。

近年では絵画の販売サイトや個人のWEBSHOP、SNSが発達したおかげで、ギャラリーに頼らず個人で絵画の販売が容易になりました。

自分の作品を掲載するツールが増えましたが、描いた絵をただ並べていてもなかなか売れないのが現状です。

価格帯も5,000円~30,000円前後が多く、それだけで生計を立てることは難しいでしょう。

画家として食べていくためには、商品の正当な価格を決めることも大切です。

希望する価格で売るためには、戦略を練る必要があります。

まず、自分を知ってもらい、商品の価値を伝えて、販売へと移ることが重要なステップです。

戦略についての詳細は今後記事にしていきますので、気になる方はまた見にきてくださいね。

独学で画家として名前を残した人たち

独学で絵を描き、美術史に名前を残すような画家は数多くいます。

こちらでは、そのなかからとくに有名な3名を紹介します。

アンリ・ルソー

素朴派を代表する画家、アンリ・ルソー。

40歳を越えてから本格的に描き始め、いわゆるヘタウマな絵で知られています。

画壇では嘲笑されたものの、ピカソなどには認められていた話が有名ですね。

当たり前に絵が描けたピカソには、絶対に描けないからこそ魅力を感じたのでしょう。

ルソーの絵を見ているとなんだか勇気が出ます。

ポール・ゴーギャン

ゴッホの耳切り事件で有名なポール・ゴーギャンも独学の画家です。

株式仲買人として働きながら余暇に描いていた絵に夢中になり、そのまま画家として生きた人です。

若いときから絵はうまかったようで、サロンに入選などもしています。

画家として生きると決めたあと生活は困窮し、家族をなかば捨ててまで絵を描くことに熱中しました。

画面のなかに現実と幻想を組み合わせた総合主義の画風を確立し、後期印象派を代表する作品を数多く残しています。

ポール・セザンヌ

「近代絵画の父」と呼ばれるセザンヌも、専門的な美術教育を受けていない画家です。

父親が銀行業を営む裕福な家庭に生まれ、小さいころから絵を描いていました。

画家を志し、パリに行ったりもしますが、美術学校の入試に落ち、銀行の後継ぎとして働きます。

端的にいうと絵が下手で、サロンに一度も入選したことはなく、でも自分だけは信じて絵を描き続けた人です。

セザンヌがなぜ「近代絵画の父」と呼ばれるのかというと、56歳で初めて個展を開催し「絵なのだから嘘でよい」という下手を逆手にとった絵が新しい画風として評価されたからです。

評価というものは時代次第ということがよくわかるエピソードですよね。

なによりも大切なことは、「やり続ける」という情熱でしょう。

まとめ

専門的な美術教育を受けていなければ画家になれないということはありません。しかし、技術や知識を身に付けることは大切です。

どちらにしても、描きたい絵を描くために貪欲に吸収するという姿勢が重要だと思います。

また、画家として収入を得るためには、絵を描く技術や知識とは別にビジネスとして考える必要があります。

世の中の経済活動と同じように、絵を売るということは商売です。そのことを念頭に置いて、戦略を練ることが重要です。

まったくもって世知辛い世の中ですが、「でもやるんだよ」と言い聞かせてがんばりましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次