MENU
カテゴリー

画家に向いている人の特徴や適正とは?絵の上手さよりも大切なこと

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 画家になる人の特徴や適性が知りたい
  • 画家を目指しているけど向いているか知りたい
  • 絵が上手くても画家になることは難しいの?

上記のような悩みについてお答えします。

画家を目指している人にとって、自分が画家に向いているかどうかは気になりますよね。

画家は個人事業主になるため、絵を描くこと以外にも必要なスキルあります。

そこで今回は、画家に向いている人の特徴や適性について解説します。

目次

画家に向いている人の特徴と適正

ひとりで描き続けられる情熱がある

画家は作業部屋にこもり、ひとりで黙々と絵を描いて作品をつくります。

上手く描けるときもあれば、アイデアが浮かばないときやスランプに陥ることもあります。

そういった精神的につらいときでも、画家は絵を描かなければなりません。

ひとりで絵を描くことに孤独を感じず、情熱を持って描き続けられる人は向いているといえます。

自信とこだわりを持って制作に打ち込める

画家に限らず、アーティストには自分だけの色を出すことが大切です。

水玉を見れば草間彌生さんを思い浮かべるように、スタイルを確立できれば絵を見ただけで自分の作品だと認識してもらえるようになります。

スタイルを確立するためには、こだわりをもって打ち込むことが重要です。

誰かに否定されたり、認められなかったりしても自信を持って表現し続ける強さが必要になります。

状況に左右されない忍耐力がある

画家として独立できるようになるまでには時間がかかります。

すぐに絵が上手くなることはありませんし、やりたい表現に辿り着くまでコツコツと積み重ねていくことになるでしょう。

そのため、画家としての活動に加えて生活面などの状況に左右されず、忍耐強く続けていける人は向いています。

探求心を持って努力し続けられる

画家は自分の世界観を表現する探究心が大切です。

画家に限らずアーティストと呼ばれる人は、努力をし続けなければ現状維持することも難しくなります。

常に前に進むことを意識して、新しい画材や技術を試してみるなど、自分の作品を追求していく姿勢が求められます。

柔軟性のある行動ができる

画家はひとりで絵を描くことが多いため、いつもと同じルーティーンになりがちです。

同じ日々を繰り返していると刺激が少なくなり、発想が似たり寄ったりになってしまいます。

そのため、ときには敢えて違うことをしてみたり、興味・関心の外にあるものに触れてみたりするなどの柔軟性も大切です。

美術館に足を運んだり画材を変えてみたりなど、ちょっとした行動によって新しいアイデアや作品の着想を得られることもあります。

画家になるために必要な3つのスキル

豊かな感性と表現するための技術

画家として活動するにあたり、独自の感性は大切です。

しかし、感性だけでは人々を魅了する絵を描くのは難しいでしょう。

なぜなら、イメージしたものを表現するためには技術が必要になるからです。

写実的に描くための古典的な技術力が必要というわけではありません。

自分の感性を生かすためには、最低限の技術を身に付ける必要があるということです。

スケジュール管理などのマネジメントスキル

画家は個人事業主になるため、絵を描くこと以外のスキルも求められます。

集中して描き上げるためには、1日の時間割りを決めるのも大切です。

人は意識していないと楽なほうへ流されてしまいがちなので、絵を描く以外のさまざまなスケジュールも自分で管理する必要があります。

作品をしっかり仕上げるためにも、自分自身のマネジメントスキルが重要になります。

作品を知ってもらうためのコミュニケーションスキル

絵を描いただけでは誰も知らない状態のため、人へ伝えていかなくてはなりません。

画家としての自分や作品について多くの人へ伝えるためには、コミュニケーションスキルも重要です。

展覧会への出展やSNSを使った宣伝など、自分で考えて営業活動する必要があります。

また、他の画家との交流を持つことで、新しい知識や情報を得られることも多々あります。

どのような事業でも人とのやり取りは必ず発生するため、円滑なコミュニケーションは重要なスキルのひとつといえます。

画家に向いていない人の特徴3つ

自分を信じられない

絵を描き続けていると上手く表現できなかったり、金銭面で苦労したりとさまざまな状況があります。

状況が変化するたび、一喜一憂していると精神的にも身体的にも疲れてしまいます。

自分を信じられないと作品にも影響し、次第に画家になることを諦めてしまうでしょう。

周囲の反応を気にしすぎる

画家として活動していると、周囲の声が気になることがあります。

その声に合わせて作品を制作してしまうと、自分の絵にはなりません。

周囲の反応に合わせたり、受けの良い絵を描いたりしてしまうと自分のスタイルを確立することは難しくなります。

自分の想いよりも周囲の反応を気にしてしまう人は、自分の世界観がなくなってしまうため画家には向いていないといえます。

お金に執着している

お金は大切ですが、稼ぐために画家になろうとすると良い作品をつくることはできないでしょう。

お金を基準に絵を描くのは画家として成長はしません。

また、お金を目的にしているアーティストはお金が稼げなかったり、依頼がなかったりすれば辞めてしまうと思います。

画家になる一番の理由は「絵を描くことが好き」という情熱です

優先順位がお金という人は、画家には向いていません。

まとめ

今回は、画家に向いている人の特徴や適正について解説しました。

本文で紹介した内容についてまとめたので、もう一度確認しておきましょう。

  • ひとりで描き続けられる情熱がある
  • 自信とこだわりを持って制作に打ち込める
  • 状況に左右されない忍耐力がある
  • 探求心を持って努力し続けられる
  • 柔軟性のある行動ができる
  • 豊かな感性と表現するための技術
  • スケジュール管理などのマネジメントスキル
  • 作品を知ってもらうためのコミュニケーションスキル

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次