MENU
カテゴリー

40代からやりたいことを見つける方法|目的は近くにある

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 40代からやりたいことを見つける方法が知りたい
  • 40代から新しいことにチャレンジしたいけれど失敗するのが怖い
  • 40代になって今の生活に充実感を感じない

上記のようなお悩みについてお答えします。

突然ですが、「ミッドライフ・クライシス」という言葉をご存じでしょうか。

40代から50代くらいに陥りやすいとされており、「自分はこのままでいいんだろうか」「残りの人生どう生きようか」と悩む中年の危機を意味します。

第2の思春期ともいわれ、男女問わず順風満帆にいっている人でも「これからの人生」に葛藤や不安を抱えやすくなります。

しかし、何歳になってもやりたいことに出会えるのが人生です。

この記事では生きる目的ややりたいことを見つける方法について、わたしの経験を踏まえながら解説します。

目次

40代は生きがいを見失いやすい

40代は自分のことだけ考えていられない環境の人が多い

40代になると家庭を持っている人も多いでしょう。とくに小さなお子さまがいれば、自分だけの意思でこれからのことを選択するのは難しくなります。

そういった責任を背負うと自分のための人生が希薄に感じ、なんのために働いているのか生きがいを見いだしにくくなりがちです。

40年以上生きてくると、社会での競争や規則に従って生きることの意味や成し遂げたことなど、さまざまなことを思うでしょう。

しかし、それは40年以上生きてきたからわかることでもあります。

人生は自分のものだということを忘れてはいけません。

誰のために努力するのか、家族で楽しく暮らすためにはなにが必要なのか、ひとつずつ明確にしていくことが大切です。

何十年も同じことをして好奇心が薄れていくが責任は増える

会社に勤めて何十年と同じことをしていると得意になる反面、作業をこなすような感覚になり、好奇心が薄れてしまいます。

勤続年数が長くなれば立場が上がり、給料が増えると同時に責任も増えます。

責任は増えるがやりがいはない、という状態に陥る人も少なくありません。

人間関係のストレスや無理して続けてしまうと、身体を壊す恐れも出てくるため注意が必要です。

近年では、ひとつの会社で定年まで勤め上げるという働き方は、当たり前ではなくなってきました。

転職という選択が一般的ですが、実際に何度も転職してきたわたしの感想は、会社が変わっても会社員である以上大きく変わらないというのが正直なところです。

あくまで個人的な経験でしかないので一概にはいえませんが、会社が変わっても結局は時間を制限され、規則に従うことは同じです。

また、会社が倒産(それに近い経験もしました)すれば一気に安定は崩れます。

安定とはその程度のものともいえます。

そういったことも頭では理解しながら働いているのが40代なのだと思います。

だからこそ生きがいを欲するのかもしれません。

40代から新しいことを始めるためのマインドセット

わたしは40代で会社を退社し、独学で画家として生きていくために日々精進しています。

  • そんなの無謀でしょう
  • うまくいくはずがない
  • 安定した収入を捨てるのはもったいない

多くの人はそう思うでしょう。しかし、これこそが「ミッドライフ・クライシス」を脱却するひとつの方法ともいえます。

これからの人生でやりたいものを見つけて行動に移すことが重要です。

もちろん、やりたいことが見つかったからといって前途洋々になるわけではありません。

たとえば、わたしの前途は普通に考えたら多難です。

「でもやるんだよ」と言い聞かせて一歩ずつ進めていけるかどうかが、今後の人生を築いていきます。

ナパームデスというヘビーメタルバンドに「You Suffer」という曲があります。

世界で一番短い曲とされ、その歌詞は「You Suffer, But Why?(あなたは苦しむ。しかしなぜだ?)」というものです。

曲やジャンルの好き嫌いは別にして、1秒で人生を包括しているすばらしい表現だと思います。

そもそも、人生は楽しいものではなく苦しいものというのがデフォルトです。そう思えば、これまでの人生だってそう悪くないと感じられるのではないでしょうか。

しかし、今の環境で生きて行くのに不安を感じ、新しいことを始めたいのだけれど、なにをやったらいいかわからないという中高年は多くいます。

多くの先人が証明しているように、やりたいことは30代でも40代でも50代でも60代以上でも見つかります。

重要なのは「見つける」という行為ではなく、「やってみる」ことです

  • 料理をする
  • 小説を読む
  • ギターを始める
  • 絵を描いてみる
  • バイクの免許を取得する
  • ブログを始める

上記のように難しく考えず、興味を持ったものをまずやってみることが大切です。

まずは趣味としてやってみることで、始める前には思いもよらなかったところへ連れて行ってくれるかもしれません。

年代や生き方の異なる人たちとの交流も増え、大きな目的を持つきっかけになることもあるでしょう。

やりたいことは若いときに見つかるわけじゃない

やりたいことが見つからないという人は、「やりたいことは若いころに見つけるもの」だと心のどこかで思い込んでいるからかもしれません。

やりたいことは夢ではなく、現実的なことでいいのです。

アメリカのグランマ・モーゼスと呼ばれて親しまれた画家、アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼスは、本格的に絵を描き始めたのは70代、初めて個展をしたのは80歳です。

誰しもがグランマ・モーゼスのケースに当てはまるわけではありませんが、少なくとも何歳からでも始められるという勇気をもらえます。

年齢が関係ないとは思いません。若いころに比べれば体力も落ちますし、熱意やモチベーションを保ちにくくなります。

一方で、肩肘を張らずに取り組めるという利点もあります。

40代からの生きる目的や働く目的は、自分の好きを優先することで見えてきます。

競争に勝つことや他人からの評価を気にせず、自分と家族がたのしく生きていける環境を考えてみるといいでしょう。

憧れはいつだって遠くにありますが、一歩はこの場所からしか踏み出せません。

どれだけ歳を重ねても、今が一番若いのです。

まとめ|40代は人生を背負いすぎず新しいことに挑戦しよう

40代はさまざまな責任を背負い、身体的にも社会的にも節目となる年代といえます。

これからの人生について、どのように生きればいいかと悩みがちですが、シンプルに考えることが大切です。

競争や評価の外に立ち、自分と家族がたのしく幸せに暮らしていけることを優先して、これからの目的を見直してみましょう。

わたしは絵を描いて自由な生活を送ることを目指しています。

このブログでは活動の過程も書いていきますので、よかったらまた見てください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次