MENU
カテゴリー

40代で夢を追うのが自然な流れである理由|今だからこそできる

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • 40代になって若いときに憧れていたことがしたくなった
  • 40代で仕事を辞めて夢を追うのは無謀?
  • 40代から夢ができたけど失敗を考えると踏み出せない

上記のようなお悩みについてお答えします。

40代になってからやりたいことができたという人は少なくありません。

また、若いときにやりたかったことを改めてやろうと思う人もいるでしょう。

40代は第2の思春期ともいわれ、これから先を考える年代です。

社会に出てから気づけば40代になり、今後の人生を考えて立ち止まるタイミングなのでしょう。

いうなれば、夢を追う準備が整ったときだともいえます。

わたしは40代で会社を辞め、画家として独立を目指して精進しています。

この記事では、40代で夢を追うことは自然な流れであることについて解説します。

目次

年齢で物事を考える人は結局動かない

ひと口に「やりたいこと」といっても、人によって異なりますよね。

40代になってようやくやりたいことが見つかったという人もいると思います。

  • これまで培ってきた経験や知識を生かして独立する
  • 若いころに憧れていたことを改めて目指したい
  • 都会を離れてゆったりと暮らしたい
  • 新しい趣味を見つけて楽しみたい
  • これからは毎年旅行に出かけて日本を周りたい

小さなことから生活が変わるものまで、「やりたいこと」は多種多様です。

しかし、やりたいことの内容にかかわらず、年齢を理由にしてやらない人は少なくありません。

本当に「年齢」が理由なのでしょうか。

過去を振り返ってみると、10代、20代、30代と、同じように諦めていないでしょうか。

そのときは若かったのに、なぜやらなかったのか。

それは、「がんばりたくない」からかもしれません。

会社員であれば、決められた時間に所定の場所へ行き、いわれたことをやっていれば固定収入が入ります。

でも、毎日がつまらない。

もしも、目指したいものあるのなら、そこへ向かって必要なことをやらなければいけません。

やったからといって上手くいくかはわからないし、辛いことや大変なことも多々あると思います。

しかし、これから先もずっと「もう歳だから」と、時間をやり過ごすのは虚しいものです。

年齢を理由にして物事の選択を判断する思考はなにも生み出さないし、解決もしません。

生きていれば歳を取るし、若い人と比べても意味がありません。

いずれにせよ、自分の人生で今が一番若いことは確かですから、これからを楽しむ計画を考えてみましょう。

やりたいことが見つかった今が動くタイミング

やりたいことが見つかるタイミングは、人それぞれ異なります。

40代にもなると、自分では気づいていなくても経験や知識などが自然と積み上がっているものです。

それらを生かしてこれからの人生をつくっていくことは、多様化した今の時代では当然の流れともいえるでしょう。

わたしは、30歳を過ぎてから絵を描き始めました。

子どものころは絵を描くのが好きで、自作のマンガなど描いていましたが、大人になってからはたまに美術館へ行く程度で、描くことはありませんでした。

しかし、2010年頃に国立新美術館で開かれた「没後120年 ゴッホ展」で、初めてゴッホの絵を観たときに衝撃を受けました。

「絵ってこんなに感動するんだ」と、心をわしづかみにされ、前々からやってみたかった油絵具の初心者セットを買い、絵を描き始めました。

人生において大切なのは、「きっかけ」と「やってみる」ことだとわたしは思います。

結果は後から付いてくるもので、まずは行動しないと何も始まりません。

やりたいことが見つかったのならラッキーです。超ラッキーなことです。

40代の我々は、目の前の壁を突破するためには「やる」以外に方法がないことを知っています

若いから成功するわけでもなく、なによりも、ただ存在しているなんてつまらないですから。

40代で仕事を辞めるのは勇気がいるが続けるのが良いことでもない

40代で夢を追うことは無謀という人もいるでしょう。

むしろ、そちらの意見の方が一般的かもしれません。

しかし、それは何に対して無謀なのでしょうか。

それはずばり「お金」のことで、生活していける保証がないからですよね。

夢に向かって生きるといっても、収入の目途がなければ食べていけなくなります。

その反面、誰かに指示されることはなくなり、自分のやりたいようにできるようになります。

やりたいことが明確にあるけれど生活を考えて諦めてしまうのは、大きなものを失っている可能性もあるのではないでしょうか。

40代はある程度の役職に就いている人も多いと思います。

ストレスを抱え、酷い場合には身体を壊してしまう人もいます。わたしも実際にそういった人を見てきました。

だからといって、会社を辞めることを勧めているわけではありません。

仕事をしながら家族を養い、世界戦で勝利するプロボクサーがいるように、働きながら目標に向かってがんばっている人は大勢います。

収入が安定するからといってやりたい気持ちを抑えて仕事を続けていても、充実した人生を送れるわけではないということです。

自分にとって幸せな生き方とはどういうものなのか、今後の人生のために真剣に考える時間を持つことも大切です。

諦める理由はいくらでもあるけれどやる理由はひとつしかない

40代になると、夢はあるけれどなかなか踏み出せずに何年も過ぎてしまった、という人もいるのではないでしょうか。

できない理由や諦める理由はいくらでもありますし、実際に難しい現実もあります。

しかし、やる理由はひとつしかありません。

「やりたい」ただそれだけです。

やりたいことをやるのかやらないのかは、とてもシンプルな選択です。

やる前に成功できるかできないかを考える人は、まずやりません。

そもそも成功する人は、できないことがあれば「どうすればいいか」を考えて行動します。

また、40代になってまで一般論や周囲の意見に流される必要はありません。

以前、芸能人が自分の意思で会社を辞められないという状況を見て、「40年以上も生きてきて自分で決められないのは嫌だな」と思ったことがあります。

社会は不平等で理不尽なものです。

長年堪えてきたのですから、もっとわがままになっていいのではないでしょうか

周囲からいろいろな意見をいわれるかもしれませんが、文句をいわれてもいいんです。

現状に満足しておらず、やりたいことがあるのなら、少しずつ行動に移してみることをおすすめします。

まとめ

この記事では、40代で夢を追うことは自然な流れであることについて紹介しました。

40代はこれからの人生を考えるタイミングです。

若いころに憧れていたものや独立して働きたいなど、やりたいことは人それぞれ異なりますが、準備が整い始める時期だといえるでしょう。

そもそも若ければ成功するわけでもなく、経験や知識を得た40代だからこそ上手くいくこともたくさんあります。

やりたいことがあるのなら、少しずつやってみてから考えるのもいいかもしれません。

わたしもがんばります。一緒にがんばりましょう。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次