MENU
カテゴリー

コラージュのつくり方とポイント|代表的な作家と作品も紹介

※当サイトは商品プロモーションを含む場合があります。

  • コラージュについて知りたい
  • コラージュのつくり方が知りたい
  • コラージュの代表的な作品を知りたい

上記のようなお悩みについてお答えします。

コラージュは、さまざまな素材を切り貼りするなどして組み合わせる技法です。

絵を描くのが苦手な人でも取り組みやすい表現方法といえます。

しかし、コラージュの特徴やつくり方について具体的にはわからない、という人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、コラージュについてわかりやすく解説します。

目次

コラージュとは

コラージュとはフランス語で「のり付け」を意味し、さまざまな物体を画面上で組み合わせる技法を指します。

古くから一般的に使われていた手法ですが、芸術表現としては1912年頃にピカソとブラックが始めたとされています。

初期のコラージュは「パピエ・コレ」とも呼ばれ、貼り絵やちぎり絵のように紙類のみが使われています。

なお、「コラージュ」という言葉はピカソとブラックによる造語で、キュビスムの表現のひとつとして用いられました。

コラージュは絵画と彫刻の境界をなくし、革新的な芸術表現として瞬く間に広がりました。

コラージュの特徴

コラージュは雑誌や写真、装飾品や植物などの雑多な物体を用いて制作されるのが特徴です。

素材が持つ本来の意味合いから切り離し、画面上で新たなイメージを構築します。

コラージュ作品には創造的な芸術性だけでなく、社会風刺や批評、物語性なども込められています。

とくにダダイスムやシュルレアリスムのアーティストは、積極的にコラージュを用いて技法を発展させました。

1992年にはフランスでコラージュ芸術家のヨーロッパ機関が設立され、以降、数多くの展覧会が開催されています。

また、現代では心理療法やデジタルでもコラージュが使われています。

コラージュのつくり方とポイント

コラージュは雑誌や写真、ボタンや布など、身の周りにあるものを切り貼りして制作します。

絵を描くのが苦手な人でも手軽に始められるので、世界にひとつの作品をつくってみましょう。

準備する道具

コラージュをつくるのに必要な道具を用意しましょう。

  • ハサミ、デザインカッター
  • カッターマット
  • ピンセット
  • スティックのり(モデリングペーストなども可)
  • 素材となるもの
  • 素材を貼る台紙(スケッチブックやキャンバスなど)
  • 素材を保存しておくファイルなど

コラージュに使う素材をつくる

コラージュはいろいろな素材があったほうが表現が広がるため、まずは素材を集めましょう。

雑誌や新聞などの紙類を切るときは、余白を残しておくのがポイントです。

最終的な形は他の素材と組み合わせたときに決まるので、ハサミで大きめにカットしておきましょう。

不要な部分は、ハサミではなくデザインカッターを使うと細かくキレイに切り抜けます。

つくった素材は、クリアファイルやケースに色や材質に分けて保管しておくと便利です。

台紙に置いて構図を決める

素材をスケッチブックなどの台紙の上に仮置きします。

さまざまな素材を組み合わせて、構図をじっくり考えましょう。

作品つくりのポイントは、素材の組み合わせの有無を決めつけず、実際に置いてみることです。

そうすることで、自分の発想にはなかった新しい世界観が現れることもあります。

また、作品のテーマを決めると、素材選びや構図つくりがしやすくなるでしょう。

素材をのりで貼り付ける

構図が決まったら、素材を台紙にのり付けしていきます。

構図が崩れないようピンセットを使い、素材の裏にのりを塗って慎重に貼ります。

スティックのりを使う際は、素材によって破れる場合があるため、とんとんと押すように塗るのがポイントです。

また、絵画の一部として貼る場合は、モデリングペーストなどのメディウムを使うと良いでしょう。

コラージュの代表的な作家と作品一覧

フアン・グリス, Public domain, via Wikimedia Commons

アーティストたちが制作したコラージュ作品を知ることで、つくる際の参考になるでしょう。

パブリックドメインの画像がなかなか見つからなかったので、以下に代表的な作家と作品一覧を挙げておきます。

インターネット上で検索すると、作品画像で鑑賞できると思います。

  • パプロ・ピカソ:藤張りの椅子のある静物
  • ジョルジュ・ブラック:ギターを弾く女性
  • マックス・エルンスト:百頭女
  • ラウル・ハウスマン:美術批評家
  • アンリ・マティス:ジャズ
  • ジャン・デュビュッフェ:愉快な夜
  • ハンナ・ヘーヒ:ドイツにおけるワイマール共和制最後のビア=ベリーの文化時代にダダのキッチンナイフで切る
  • リチャード・ハミルトン:一体何が今日の家庭をこれほどに変え、魅力あるものにしているのか

まとめ

今回は、コラージュについて紹介しました。

コラージュは雑誌や写真など、身の周りにあるさまざまな素材を使って、新たなイメージを構築します。

絵を描くのが苦手な人でもできる技法なので、気軽に始められます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代で会社を辞め、画家として活動しています。

主にアクリル絵の具を使い、独学で10年以上描いています。

年齢や経歴に関係なく「絵を描いて暮らしていきたい」という人に向けて、画家になるためのヒントや販売の仕組みなど、お役に立てる情報を発信します。

目次